アトピー肌を解決して美しいお肌になる~ツルスベ肌実現~

女性

安全な化粧水を

女性

意外な落とし穴

オーガニック化粧品と聞くとなんとなくですが、流行っているし体にもとても良いものだと感じられます。しかし、必ずしもオーガニック化粧品が万人にとって必ずしも良いものとは限らないのです。例えば、敏感肌の人がそれに該当します。オーガニックというと「無添加で自然由来にものだけでつくられていて体にとてもいいんです」といった謳い文句がメーカーから宣伝されています。しかし、無添加であることが必ずしも敏感肌の人にも安心して扱えるものでなく、むしろ前例がない分、その安全性が全く保障のされないものである危険があります。バッチテストなどもままなっていないこともあるので「無添加なら大丈夫」だと信じきってしまうと、後々大きな肌トラブルへと発展してしまいかねません。メーカーが主張するそういった広告を過信してしまわないことが大切です。

本当に安全なものを

メーカーの過大誇張や間際らしい宣伝に対し、本当に安全に扱えるオーガニック化粧品とはどのようなものなのでしょうか。それは、オーガニック化粧品の成分表をチェックしてみれば解ります。気をつけるべきポイントは、合成着色料、合成香料、防腐剤、アルコールが含まれているか否かです。それらには使用した際の清涼感や使い心地を良く感じさせますが、実際肌に良いものではありません。特に敏感肌の人にはそれが大変な刺激となります。化粧品に使われている成分が自分の肌にとって本当にいいものか悪いものかを正しく判断する必要があります。方法として、市販にものでなく自身の肌に合ったオーダーメイドのもの使用する選択肢も存在します。アレルギーのある成分など避けたものを使うことができるので、本当に安全なものを使いたいのなら断然そのようなものを選ぶべきです。